​真の家庭づくり運動とは

 非婚・晩婚化・離婚の増加に伴う少子高齢化問題等々、
現在日本が直面する最大の問題は、個人の幸福の基盤であり、社会の発展の原動力である家族の絆の力が失われつつあることではないでしょうか。

 教会の地元である川崎市のデーターを見ても家族力の低下傾向が表面化しております。

・川崎市全体で令和元年の児童虐待の相談・通告件数は

4,506件、対前年度比9.0%の増加

・川崎市の平成2年の離婚件数が1,701件、平成29年が2,504件と1,47倍増加

​ 孝成家庭教会では、こうした家庭力低下の問題を解決するために子育てサロンの開催など、家族や地域社会における人と人との絆を深め、幸せな家庭と社会を目指すことを目的として「真の家庭づくり」運動を進めております。

 また、この運動では結婚と家族の重要性と家族文化を再生するために祝福結婚式の推進やリ・ブライダル(長年連れ添った夫婦同士で再度愛を確かめ合い、感謝の気持ちを伝えるための二度目の結婚式)を開催しております。

 幸せな家庭づくりの学びを通じて家族の絆を深めながら、更に家庭内に留まらず、より地域に社会に家族的コミュニティの形成を目指して参ります。

​※児童虐待に関する参考情報

​川崎市統計書平成30年度版より引用

​祝福家庭の紹介
​活動紹介

​ 孝成家庭教会には300組以上の祝福家庭が在籍し、様々なスキル得意分野を持ったメンバーが普段教会内でも奉仕活動を実践しておりますが、真の家庭づくり運動の一環として、地域社会に向けてオープンな活動を行っております。

 例を挙げますと、教会周辺の清掃活動、理想家庭を作るためのオンラインサロン、仕事に関するオンラインセミナー、各自のスキルを活かした学習会等々。

 今後、本WEBサイトのコミュニティのページに随時案内して紹介して参りますので、​ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

​世界平和統一家庭連合

LINK

今月の​み言葉

苦労の多い社会であるから
一日も早く平和にしてあげたいと思い
困難な道だからこそ
最も愛する者を遣わすのです。
悲しみと苦しみの境地を通過する時
その気持ちを神様に帰しなさい。

​韓鶴子